ギャラリーコンサート

 

 

 

ページトップへもどる

 ピアニスト小菅優さんは、「くらしきコンサート」出演(2008年・2012年)で倉敷を訪れた際、大原美術館にベヒシュタイン・ピアノがあることを知って、かねてより「ぜひ弾きたい」と希望されていました。この度ようやく当館のギャラリーコンサートにご登場いただけることとなり、小菅さんご自身にとっても念願の演奏会が実現いたします。

  小菅さんは10歳でドイツに渡り、早くから高い評価を得てヨーロッパを拠点に活躍してきました。瑞々しい音色とすぐれたテクニックは同世代の中でも傑出した逸材として知られ、オーケストラとの共演や室内楽でも称賛を集めています。2017年秋より“水・火・風・大地”という4つの元素をテーマにしたリサイタル・シリーズを展開中で、本公演のプログラムは、同シリーズのイメージに関連した作品(今年のテーマは「火」)を中心に選曲されました。また小菅さんは、2016年にベートーヴェンのピアノ・ソナタ全集の録音を完成させ、その後ベートーヴェン生誕250年の2020年に向けて、ピアノ付き作品をすべて取り上げていく新企画≪ベートーヴェン詣(もうで)≫を進めており、今回はベートーヴェンの傑作ソナタ『熱情』の演奏も。まさに、彼女の“旬の音”をお楽しみいただけるでしょう。

 大原美術館の名画に囲まれたステージにまたひとつ、ベヒシュタインとピアニストの幸福な出会いが刻まれます。どうぞお聴き逃しのないよう、皆様お誘い合わせてご来場下さいますようご案内申し上げます。

ページトップへもどる

 

photo:Marco Borggreve

 

 

 

 

 

 

ページトップへもどる

 

ページトップへもどる まえへもどる