ギャラリーコンサート

 

 

 

ページトップへもどる

 「ドイツ歌曲(リート)の歌い手が必ず戻ってくる場所」といわれるシューベルト、その三大歌曲集のひとつ『冬の旅』が大原美術館で披露されます。 歌うのは、リートのスペシャリストとしても人気の高いバリトン歌手、ギャラリーコンサート27年ぶりの登場となる河野克典さんです。 将来を模索していた頃、大阪で名歌手フィッシャー=ディースカウの『冬の旅』を聴き、それが“リート原体験”に。 その後ドイツ留学で神様とも崇める同氏のレッスンを受けて「素晴らしい解釈、驚くべき集中力」と絶賛され、頭角を現わしました。 『冬の旅』は一人で歌うオペラのようなもの、と河野さん。孤独な主人公の心を24曲の歌で紡ぐリートの名作をお楽しみ下さい。 伴奏には、前回公演と同じピアニストで、ヨーロッパでも指導者として活躍してこられた三ッ石潤司さんをお迎えいたします。

ページトップへもどる

 

photo:武藤章

 

 

 

 

 

 

ページトップへもどる

 

ページトップへもどる まえへもどる