ファラオ像(浮彫)”

児島虎次郎は、1922(大正11)年から1923(大正12)年にかけて、西洋の名画収集のため3度目のフランス留学を果たしました。 その行きと帰りにエジプトに立ち寄っています。
児島は、以前からオランダのライデンの国立古代博物館でエジプトの古美術を鑑賞するなど、エジプトの文化に非常に興味を持っていました。 1922年6月の往路では、カイロ、ギザのピラミッドなどを訪れ、非常に感銘を受けました。1923年3月の復路では、カイロ、ギザのほかルクソールなどにも訪れています。 この時、児島は骨董店などをめぐり、エジプト古美術を収集しました。
児島が収集したエジプト古美術は、現在、大原美術館の児島虎次郎記念館と、成羽町美術館に収蔵、展示されています。

■解説
古代エジプトでは王(ファラオ)が神の化身として絶対的な権力を持ち、支配していました。ファラオの姿は、彫刻、絵画、浮彫などに多く記録されています。
この「ファラオの像」は、末期王朝時代(紀元前7世紀-紀元前6世紀)に制作されたものです。表面よりも低く浮彫をほどこす「沈め浮彫」という技法が使われています。


ページトップへもどる まえへもどる