青釉黒流描大皿”

■解説
濱田庄司(1894-1978)は、現在の神奈川県川崎市に生まれました。幼いときから絵を描くことが好きで、一時は画家にもあこがれました。しかし、ルノワールの工芸を奨励する言葉を本で読んだことをきっかけに、陶芸家をめざすようになります。
1913(大正2)年、濱田は東京高等工業学校に入学し、板谷波山に学びました。そこで、2学年先輩の河井寛次郎と出会います。 1916(大正5)年の卒業後は、京都市立陶磁器試験場に入り、河井とともに釉薬の研究にいそしみました。その間に、バーナード・リーチ、富本憲吉とも交流をむすびます。
1920(大正9)年、濱田はリーチとともにイギリスへ渡りました。彼とともにセント・アイヴスに登り窯を築き、制作しています。 イギリスでは、伝統的なガレナ釉やスリップ・ウエア(注1)などの技法をまなびました。
1924(大正13)年、濱田は関東大震災をきっかけに帰国、栃木県益子にみずからの窯を築きます。 彼は益子に古くから伝わっている材料ですべてをまかない、つぎつぎと作品をうみだしました。沖縄にも晩年にいたるまで何度も訪問し、沖縄の伝統的な陶器にまなんだ作品を制作しています。
この「青釉黒流描の大皿」は、直径が54.8cmもあります。濱浜田は電動ろくろや蹴ろくろを使わず、手ろくろだけでこれだけの大きな作品を作りだしたのです。


(参考文献)
「陶芸の世界 濱田庄司」 (世界文化社) 1980年
注1: ガレナ釉 楽釉に似た硫化鉛を含む釉薬
スリップ・ウエア 器に白土や黒土などで化粧掛けをしてガレナ釉をもちいて焼いた陶器。

■エピソード
民芸運動にかかわっていた作家たちと、大原孫三郎・総一郎親子とは親交がありました。 濱田庄司との親交のきっかけは「黒釉面取土瓶」に出会ったことでした。
大きな口に頑丈そうな取っ手。孫三郎は、堂々とした堅実さを持つ作品を作った濱田に大変興味を持ち、 「こんな作品を作る人物にぜひ会ってみたい」といって濱田を倉敷に招き、展覧会を行ったことから交流が始まりました。
やがて、柳宗悦らの提唱する民芸運動に賛同した孫三郎が、資金を提供して「日本民藝館」が建設されました。 こうした活動を通して民芸の作家たちは大原親子との深い信頼関係を築いていったのです。
濱田と孫三郎との信頼関係を物語るようなエピソードがあります。
1952(昭和27)年、今泉篤男(注2)が益子にある濱田の工房を訪れたときのことです。
当時今泉は、東京・京橋に開館したばかりの国立近代美術館の次長として作品の収集に奔走していました。 ちょうど、大作が窯出しされたばかりでした。
それらの作品を目にした今泉は、こう言いました。
「先生、この作品を国のために譲って下さい。」
「これは、もう大原さんのところに行くことが決まっている。僕は、国よりも大原さんを信用しているからね。」
濱田は、笑いながら言ったといいます。(注3)


注2:美術評論家。
注3:今村新三著 「大原美術館ロマン紀行」より

ページトップへもどる まえへもどる