画家の妻

■解説
1912(明治45)年、後期印象派の影響をうけた若い画家たちの展覧会「フュウザン会第1回展」が東京・銀座で開かれました。 岸田劉生(1891-1929)も、「曇日」「自画像」など14点を出品しました。 当時、日本画家の鏑木清方に学んでいた小林蓁[しげる]は、この会場に来て、岸田の作品に感銘をうけます。 やがて文通がはじまり、翌年7月に2人は結婚。蓁は妻として、時には気むずかしい要望にこたえるモデルとして、岸田の生活と芸術をささえる良き伴侶となりました。
この「画家の妻」は、岸田がドイツの画家デューラー(1471-1528)に傾倒していたころに描かれた作品です。デューラーは厳格なまでの写実をもちいた画家。 肌や頭髪の質感にいたるまで、こまかく描いた表現にデューラーの影響が見られます。
この作品で蓁は、左手を胸におき、祈りをささげているように見えます。背景のビロードのような赤色、本物そっくりに描かれた画面上部のアーチ型のふち飾り、左下の「PORTRAIT OF SHIGERU」の文字、「R.KISHIDA」の文字がはいった紋章。 これらの描きこまれた事物は、作品に中世ヨーロッパ風の宗教画的な味わいをつけ加えています。
この「画家の妻」ののちも、岸田は親しい友人をモデルにして、つぎつぎと肖像画を描きました。 いずれの作品も、ほの暗い背景の中、徹底した写実にもとづいて描かれています。こく明に描かれたモデルの表情に、その人柄や作者との関係について、思いをめぐらすこともできるのではないでしょうか。
(参考文献)
「生誕110年 岸田劉生展」図録 (東京新聞) 2001年

■エピソード
この作品は、青木繁「享楽」と同様に芝川照吉が所蔵していました。
1948(昭和23)年、倉敷市の市制20周年を記念した展覧会に出品されていたのを、大原美術館評議員であった、画家・三橋健を通して未亡人から譲り受けたものです。
市制20周年の展覧会は、大原美術館協賛で「油絵名作展」として、昭和23年4月7日~10日まで二三会館(現在は取り壊されています)にて開催されました。

ページトップへもどる まえへもどる