イタリアの少女

■解説
岡田三郎助(1869-1939)は、現在の佐賀県佐賀市生まれ。父は明治維新まで、佐賀藩主につかえる藩士でした。 彼は幼少のころ、父とともに上京、旧藩主の邸内で暮らします。彼はその時に、同じ佐賀県出身の外交官で洋画家でもある百武兼行の油絵を見る機会にめぐまれました。 百武の作品に影響をうけた彼は、画家をこころざすようになります。
画塾で学んだのちの1894(明治27)年、同郷の画家・久米桂一郎が、岡田を黒田清輝に紹介します。 黒田は前年、外光派(注1)の技法を身につけてフランスから帰国したばかり。 それまで伝統的な絵画技法しか知らなかった岡田にとって、黒田たちとの出会いは大きな転機となりました。
1896(明治29)年、岡田は黒田、久米、藤島武二らとともに、白馬会を創立。 翌年、岡田は文部留学生としてフランス留学に出発します。黒田も学んだラファエル・コランの画塾にはいり、勉強をかさねました。
1902(明治35)年の帰国後は、藤島とともに東京美術学校の教授として、若い画家たちを指導。 岡田、藤島の教えは、その後、日本洋画のアカデミズムの主流を形成して行くのに大きな役割を果たしたのです。
岡田の代表作として、つづみを持った日本髪の女性を描いた「婦人像」(1907年、ブリヂストン美術館)がよく知られています。 この作品のイメージは、三越呉服店のポスターや切手に利用されているので、目にした方も多いことでしょう。
この「イタリアの少女」は、フランス留学中に描かれた作品です。パステルの筆あとに、少女の肌のやわらかさを表現しようとした画家の努力がうかがえます。 注1:外光派:戸外の光のもとで、画面に光があふれた明るい作品を制作した画家たち。


(参考文献)
「岡田三郎助展」図録 (佐賀県立博物館) 1979年
「日本近代洋画の栄華 岡田三郎助展」図録 (佐賀県立美術館) 1993年


■エピソード
この作品は1956(昭和31)年に購入されました。そのとき大原總一郎は賛成しませんでした。
岡田三郎助は黒田清輝の弟子で、「大原美術館には革新的な仕事をしている作品を」という確固たる信条をもっていた總一郎には、 黒田のアカデミックな作風を受け継いでいるこの作品は大原美術館にふさわしくない、と考えたためでした。
しかし、武内潔真館長(当時)がこの作品の収集を強く希望したので、總一郎も渋々認めたそうです。
※大原美術館元館長・藤田慎一郎より直接聞く。

ページトップへもどる まえへもどる