享楽

■解説
青木繁(1882-1911)は、現在の福岡県久留米市生まれ。多感な彼は、中学校のころから、文学や美術に興味をしめし、創作をこころみています。 小学校以来の友人で、のちに洋画家になった坂本繁二郎らとともに、地元の洋画家に学び、その才能をはぐくんでいきました。
1899(明治32)年、青木は父を説得して上京。翌年には、東京美術学校西洋画科選科に入学します。同級には児島虎次郎、熊谷守一らがいました。
1903(明治36)年、青木は第8回白馬会展に初出品。日本やインドの神話などに題材をとった作品を発表し、注目をあつめます。 当時、文学界も美術界も、浪漫的な作品をこのむ傾向にありました。彼の物語的で幻想的な画風は、その雰囲気をよくあらわすものだったのです。 翌年の第9回白馬会展に出品した「海の幸」(1904年、石橋美術館蔵)は、その集大成ともいえる作品で、多くの感動をよびおこしています。
しかし、その後、実家の窮乏による生活苦と、制作上の悩み、画壇の無理解が青木を苦しめるようになります。 自信をもって勧業博覧会に出品した「わだつみのいろこの宮」(1907年、石橋美術館蔵)は、3等賞におわりました。
失意の青木は、家族とも別れ、住まいを転々と変えながら制作を続けたものの、肺をわずらい28歳の若さで亡くなりました。
「享楽」は、白馬会に初出品したころの作品です。天平時代の女性たちが楽器をもつ姿を描いています。 じっと眼をこらすと、女性の衣服には多くの色彩がもちいられていることに気づかされます。 小さな作品ですが、古きよき時代への郷愁をさそいこむ力をもっているかのようです。


(参考文献)
河北倫明編 「近代の美術・1:青木繁と浪漫主義」 (至文堂) 1970年

■エピソード
この「享楽」という作品は芝川照吉(注1)が所蔵していました。長男の未亡人は高梁市吹屋の出身で、戦時中お嬢さんと一緒に玉島に疎開していました。 大原美術館の評議委員をしていた画家・三橋健が、未亡人と知り合い出会ったことが縁で、この「享楽」を購入しました。
青木繁は、東京美術学校を児島とともに卒業した作家です。当時、児島は学生服をきちっと着込み、空き時間には学校の図書室に行って解剖学の本を写したり、読書したりして規則正しい、真面目な学生生活を送っていました。 一方の青木は、ボール紙に鼻緒をつけたものを下駄の代わりにし、肩で風を切って歩き、教室に教授が入ってくるとわざと肩をいからせて出ていくようなバンカラ学生でした。 ふたりは全く対照的な学生だったようです。


注1:芝川商店の一門、日本洋画の大コレクター。石井柏亭、岸田、坂本など、様々な画家たちの面倒をみたパトロンでもありました。

ページトップへもどる まえへもどる