ピサロ

ポントワーズのロンデスト家の中庭

■解説
カミーユ・ピサロ(1830-1903)は、1866年にパリの北西に位置するポントワーズに移住しました。 その後、普仏戦争からのがれるためイギリスにわたった時期もありましたが、1884年までこの地に住みつづけました。 暖かな光にかがやく農村の風景、そこに生活する人々のようすを好んで描いた彼は、ポントワーズでも多くの作品を描いています。
1872年ころから、ポントワーズ近郊に住んでいたセザンヌとの交流がいっそう深まります。たびたびキャンヴァスをならべて、ともに制作をしています。 これを通じ、ふたりはおたがいの作風に影響をあたえました。ピサロは、ほかにもゴーギャン、スーラとも制作をしています。
この「ポントワーズのロンデスト家の中庭」は、ピサロが借りていた家の家主である食料品屋の中庭で描かれました。 庭を取り囲む柵のむこうには、のどかな田園風景がひろがっています。ふだんのくらしの一情景を親しみ深く描いた作品です。

 
(参考文献)
「明治15年・パリ-近代フランス絵画の展開と山本芳翠」展図録 (岐阜県美術館) 1982年
「ピサロ展-印象派の巨匠とピサロ家の画家たち」図録 (読売新聞社、アプトインターナショナル) 1998年

ページトップへもどる まえへもどる