ピュヴィス・ド・シャヴァンヌ

幻想

■解説
リオンの織物業者の家に生まれたピエール・ピュヴィス・ド・シャヴァンヌ(1824-1898)は、19世紀後半のフランスにおけるほとんど唯一人の、真の意味での壁画装飾家であった。第一に、彼の主要な作品は、1861年に始まるアミアン美術館の装飾以来、 最晩年のパリのパンテオン壁画にいたるまで、リオン、マルセイユ、ルーアン、ポワティエの各美術館、パリ市庁舎、ソルボンヌ大学講堂、ボストン公立図書館等を含む公共の建物を飾る壮大な壁画群であるという事実がある。 このことは、公式のサロンにおいてはしばしば不評であったにもかかわらず、装飾家としての彼の優れた才能は充分に認められていたことを物語るものであろう。 しかし、第二に、もっと重要なことは、彼の独自な様式が、壁画家としての自覚と経験とから生み出されたものだということである。 19世紀においても、壁画装飾活動は決して忘れられていたわけではなく、ピュヴィス以外にも壁画家として重要な仕事を残した芸術家がいなかったわけでもないが、 タブロー画全盛のこの時代にあっては、壁画はしばしば、巨大なタブロー画にほかならなかった。 それは、ピュヴィスの先輩のあのウジェーヌ・ドラクロワの場合でさえ、かなりの程度までそうであった。 それに対し、ピュヴィスは、タブロー画とは違う壁画本来の機能と特質とを生涯を賭けて追求した。 彼の場合は、タブロー画においてさえ、壁画のような単純化された堂々たる構成と、静謐な安定性とを持っている。 その意味では、彼は、15世紀イタリアの装飾家たち、例えば、ピエロ・デラ・フランチェスカの正統な後継者と言ってよいであろう。 事実、彼の若い頃、アリ・シェーフェルやトマ・クチュールのアトリエで一時絵画を学んだことがあるが、しかし、彼の様式を形成する上で最も重要な役割を果したのは、イタリアでの熱心な壁画研究だったのである。
 この《幻想》も、もともとは彫刻家クロード・ヴィニョンの邸宅のために描かれた四点の装飾画のひとつである。 他の三点は、《瞑想》、《歴史》、《緊張》(いずれもトゥルコワン美術館蔵)で、これらの主題の選択にもピュヴィスの芸術観がよく表われている。 画面の天馬は人間の想像力の働きを、花を摘む少年は美への感受性を暗示しているのだろう。象徴性と装飾性を見事に統一した明澄な造形の詩がここにある。 1866年のサロン出品作。

 

 


ページトップへもどる まえへもどる